岡組の免震工法
地震に強くて安心な免震構造の建設をご提案します
お問い合わせ先 076-243-2221
岡組の免震工法について 耐震構造と免震構造の違い コストダウンの理由 増加する免震建築 もっと知りたいQ&A
免震をもっと知りたいQ&A
   
  免震構造は、地盤と建物を絶縁することで地震の衝撃を受け流し、建物をほぼ無傷の状態に保つことができる新しい構造です。
建設時には、建物と地盤の間にバネのようなもの(ゴムと鋼板を交互に何層も重ねた積層ゴム)を入れます。
これにより、地震のエネルギーが直接伝わらず、揺れの強さが大幅に軽減されます。
 
   
   
  耐震建築では建物は地盤に直接固定されていますが、免震建物は「免震装置」というクッションの上に建物全体が乗ったかたちになっています。
免震装置そのものは床下にあるので外からは見えませんが、免震建物は地面に対して横に移動できるようにピットが設けられていて、
1階の床が地面から切り離されているのが外見上の違いです。
 
   
 
 
  大地震の際の揺れの強さが、免震建物では普通の建物に比べて3分の1から5分の1ほどになります。
また、耐震構造の建物では家具が倒れて人が被災することがありえますが、免震構造の場合は建物がゆっくりと弱く揺れるようになるため、
被害を最小限に食い止めることができます。
 
   
   
  大地震の時には建物がゆっくりと揺れて、大きなゆりかごに乗っているような感じで、強い衝撃は感じません。
もちろん、地震時以外は普通の建物とまったく変わりません。
 
   
   
  ごく弱い地震では、免震の効果をはっきりとは体感できません。これは、あまり弱い地震でも効くようにやわらかくしてしまうと、
風などの弱い力でも揺れやすい建物になってしまうからです。免震効果は、およそ震度3以上の地震で出るように設計されています。
 
   
   
  免震装置の「積層ゴム」は、水平方向にはやわらかく動いて地震の揺れが建物に伝わるのを防ぎますが、
建物の重量を支えるために上下方向には硬くなければいけません。一般に地震の揺れの強さは上下よりも水平の方が何倍も大きいので、
水平方向を免震するだけで十分な効果が得られます。上下動に対しても、装置に損傷が出ない設計を行います。
 
   
   
  地震の規模や使用する免震装置により異なりますが、大地震時には免震装置が片側約20〜40cm程可動します。
免震建物はこの建物が動く量を確保するために、建物の周囲に50〜60cm程度のクリアランスを設けています。
 
   
   
  免震建物を設計する時は、過去に実際に起こった大地震の観測データを使って、建物がどのように揺れるかを計算しています。
また、建設地の地質などの条件も加味して、十分な余裕を見込んでいます。建物の耐用年数中に1回経験するかどうかの地震
(関東大震災級の大きさ)に対して被害がでないようにし、想定しうる最大級(兵庫県南部地震級)の地震でも免震の機能は失いません。
自然が相手ですので、その想定を上回る地震が絶対にこないとは断言できませんが、確率的にはほとんどありえないと言えます。
 
   
   
  免震構造は揺れの強さそのものを小さく抑えますので、壁の剥離やドアの変形などの、建物の生活機能への被害を防ぐことができます。
そのため、地震後も入居者は普通の生活を続けることができます。
また、床下の配管類も地震の揺れの動きに対応するフレキシブルな構造となっています。
 
   
   
  普通の建物は、地震の時には上の階ほど激しく揺れますが、免震建物は全体が一体になってゆっくり揺れますので、
1階と最上階とであまり差がありません。どの階でも免震の効果を十分に受けられます。
 
   
   
  免震装置は60年以上の十分な耐久性を持っているので、通常取り替える必要はありませんが、万一の場合に備えて、
取り替えることが可能な状態で設置することが義務付けられています。ちなみに免震装置は、
一般的に最下階の柱下の基礎と杭基礎の間にアンカーボルトで取り付けられています。
 
   
 
ページの先頭へ戻る
 
株式会社岡組
〒921-8042 石川県金沢市泉本町2-141 TEL 076-243-2221 FAX 076-244-6450
 
スターツCAM株式会社
岡組の免震工法について耐震構造と免震構造の違いコストダウンの理由増加する免震建築もっと知りたいQ&Aトップページ